DDD ディストーション駆動開発

ギターと音楽とRubyを愛するエンジニアのblog

Greco SE500にFender Texas Specialを載せた

Fender Texas Special

ピックガードを変えたらピックアップも変えたくなってしまい、買ってしまいました。

Duncan,Dimarzioなどいろいろ検討したのですが、Fenderのストラトの音に近づけたい気持ちがあり、Fenderのピックアップ載せるのがいちばんFenderらしい音になるだろう、ということで中古のTexas Specialを載せました。

上が、載せかえました、の図。ピックアップだけクリーム色になってしまいました。

↓でついてたピックアップのカバーを使う予定だったのですが、格安ピックガードについてるピックアップとFender様ものはポールピースの位置が違って流用できませんでした。幸い、ピックアップ自体はピックガードに干渉することもなく装着できました。

www.hizumizm.com

黒ピックガードにクリーム色のカバーはイマイチかなあと思いつつつけてみましたが、カバーも黒で真っ黒になるよりいい感じかもしれないですね。

Fenderの音がする。。。

ギターの音におけるピックアップの影響力はとても大きく、もとのGrecoの音ではなく、かなり↓の動画に近い音になりました。

www.youtube.com

もともとは温かみのある、もわん、とした音のギターでしたが、ピックアップ交換でかなりジャキっとした、いわゆるストラトのイメージの音になりました。

www.hizumizm.com

ピッキングのニュアンスが音に現れやすい感じがしますが、これはワタシ的にはややネガティブでもあります。というのもピッキングの「あら」が以前より目立つようになったので、演奏の下手さがより鮮明に音に現れてしまうからです。

まあ、頑張って練習するしか無いですね。。。

 

中古の本体 + 好きなピックアップ = コスパ良いギター?

Greco SE500は、なかなか作りの良いギターだと思いますが、中古市場では3万円くらいが相場かなと思っています。これに中古のFender Texas Specialを、仮に1.5万円くらいで購入したとして、自分で装着したら4.5万円で結構良い音するギターができちゃいます。

Fenderの新品だと、どれだけ安くても、一昔前はFender Mexcoと呼ばれてたやつが6万円くらい。

 

Fender エレキギター Player Stratocaster®, Maple Fingerboard, Tidepool
Fender(フェンダー)
売り上げランキング: 54,346

 どちらが良いかというのは、何を重視するかによるのでなんとも言えないですが、中古のギターを自分好みに改造していく、というのは、私にとってはなかなかに楽しい娯楽です。新品のギターだと、改造するのにちょっと抵抗ありますし。。。

うちのGreco SE500は、ジャパン・ヴィンテージというほどの価値のあるものでもないので、色々といじって遊ばせてもらっています。1976年製で、製造から40年以上経つのに、まだまだ現役で頼もしい限りです。

My Vitriol at 下北沢 CLUB Que

10年ぶりに、2度目まして

前回が2009年の原宿アストロホールらしいので、My Vitriolの、実に10年ぶりの来日ツアーを見てきました。場所は下北沢のCLUB Que。

t.livepocket.jp

 

MVは忘れた頃にやってくる

FineLinesを出した年にサマソニ2001で来日、2007年にA Pyrrhic Victoryを出して、2009年に再来日。2016年頃にクラウドファンディングでSecret Sessionsを出して、今年、2019年に三度目の来日。ファンですら存在を忘れそうになるくらいゆったりとしたペースの活動履歴。

 

ファインラインズ
ファインラインズ
posted with amazlet at 19.09.16
マイ・ヴィトリオール
ソニー・ミュージックレコーズ (2001-03-28)
売り上げランキング: 322,539
A Pyrrhic Victory Ep
A Pyrrhic Victory Ep
posted with amazlet at 19.09.16
My Vitriol
Xtra Mile (2007-06-25)
売り上げランキング: 912,368
Secret Sessions
Secret Sessions
posted with amazlet at 19.09.16
Stuck Needle Music (2017-09-06)
売り上げランキング: 53,783

10年経っても変わらぬ輝き

CLUB Queは小さな箱だけど、とても音が聞こえやすかった。耳が痛いほどの大轟音だったら途中で帰るかもなあ、という覚悟を持って行ってみたけどそんなことはなく、My Vitriolのキラキラした轟音が気持ちよく聞けたので最高だった。

それと比べると去年のサマソニのmy bloody valentineは箱は広かったけど全身に電気あてらてるかのような大轟音で、耳がどうというより全身びりびりしながら立ってた。なんというか対象的な体験。

音源の世界観がそのまま再現されていて、なんというか、すごかった。CD流しているのかというくらいの再現度。モダンハイゲインな強めな歪みでリバーブ/ディレイが強くかかった音で、ちいさな箱でこの再現度すごいなあと思って聞いていた。原宿アストロホールのときより良かったんじゃないかと思う。Somのボーカルも前より声が出ていた気がするなあ。

ギターが気になる

SomもSethもVariaxを使っていたのがVariaxユーザーとしてはとても気になった。SethはVariax700、SomはShuriken Variaxっぽい赤いギターとStandard。Shurikenは黒かキルトメイプルのグレーしかないような気がするのだけど、海外仕様なのか、あるいは赤く塗ったのかなあ。Shuriken、小ぶりで弾きやすそうでちょっといいなと思った。赤く塗ってあるせいか、黒色Shurikenのようなメタルメタルした感じがなかった。

あの轟音であの小さな箱で、フィードバックノイズでないのは、Variaxでマグネティックピックアップ使わないからだろうか? 

Line 6 モデリングギター Shuriken Variax SR250
Line 6
売り上げランキング: 133,830

MV@Social

 セトリとか、ペダルボードとか、twitterから拾ってぺたり。

 

 

 

 10年後まで生きていられるかな?

当日はDie By Fourtyというバンドがオープニングアクトだった。My Vitoriolと仲良くなったので「日本にMy Vitrolのファンいっぱいいるからおいで」って呼んだら来日してくれたらしい。大変に尊い。

久しぶりにオルタナっぽい音が聞けてとても気持ちよかった。ライブではあまり感じなかったけどyoutubeで聞くとスマパンぽさがあってちょっと好きかも。

www.youtube.com

 フランス語で歌っていた曲があった気がして、気になって、youtube探してみたらあった。フランス語不思議と良い雰囲気。

www.youtube.com

Die By Fouty = 40歳で死ぬ、だよなあ。My Vitriolの次の来日がまた10年後だったら私死んじゃうなあ。ほんと良いもの見せていただきました。ありがとうございました。

ビルケンシュトックのモンタナをサンダル履きする

BIRKENSTOCK MONTANA

夏といえばサンダル、サンダルといえばビルケン。

ビルケンといえばサンダルなのですが、このモンタナは紐を結んで固定するタイプで、カテゴリとしてはサンダルではなくシューズにあたるようです。

通気性の良いスニーカーとして

モンタナを購入したのは2年ほど前です。

当時足の指を怪我して、しばらく包帯を巻いておかねばなりませんでした。包帯を巻いてスニーカーを履くと大変蒸れて不快だったため、通気性の良さそうなスニーカーを探しており、モンタナを見つけました。

通気性だけならサンダルでよいのですが、怪我した指が外に出ていると更に怪我してしまいそうなので、つま先がガードできるものを探していました。

大きな革二枚を組み合わせたような靴で、シュータンの横が大きく空いているため通気性は抜群です。(通気性、というか、外気にさらされている、というほうが正しいのかも)

ビルケン自慢のインソールも、通気性が良い感じでかつ歩きやすく大変気持ち良いです。

紐結んだままサンダルにしたい

一般的なスニーカーに比べると、紐をガイドに通す回数が圧倒的に少ないのですが、これでがっちりとホールドされます。

がっちりホールドされるゆえに紐を結ばないと脱ぎ履きができません。。。

外出中に靴を脱ぎたい場面で毎回紐をほどいて、むすんで、というのは非常に面倒ですし、毎度紐をほどかなくてもよくなるよう、いろいろ試行錯誤していたのです。

サンダルを買えばいいだけなんですが、サンダルみたいなモンタナを持っているのに別のサンダルを買うというのもなんだかもったいない気がしてしまい、モンタナをなんとか使い倒すことをずっと考えていました。

で、どうしたかというと、一番上まで結ばなければいい。たったそれだけでした。

一番上まで結ばなくても、結構がっちりホールドされますし、同時に、紐を解かずに脱ぎ履きができるようになります。

ちょいとシュータンを引っ張れば、すっ、と足が入るので、まあ実質サンダルのような使い勝手になりました。毎回このまま脱ぎ履きするのは靴に悪いような気がするですが、まあ、夏の間だけ頑張ってもらいましょう。

ずっと履いていたくなる

モンタナ、私は通年ローテに加えています。通気性が良いので夏はガンガン履きますし、冬に履いても足元が冷えるという感じがありません。

コーディネートを見てもらうとわかりますが、夏というより秋冬にガンガン使われています。

mens.tasclap.jp

スニーカーとも革靴とも違う雰囲気です。丸みを帯びた形がかっちりしすぎず、かといってラフにもなりすぎず、かっこいいようなかわいいような独特の存在感で、いいですよね。

また、ビルケンのインソールの足に吸い付く感じは大変心地よいですし、足が疲れません。ビルケンのインソールを試したことが無い方は、この履き心地、歩き心地をぜひ試してみてほしいです。

 

[ビルケンシュトック] MONTANA(モンタナ)/ユニセックスシューズ【CUO(GS1004851)/42(27.0~27.5)】
オイルレザーとスウェードが定番商品で、私が持っているものは期間限定のもののようです。オイルレザーは風合いがいかつくてかっこいいですし、秋冬用ならスウェードも合いそうですね。
一足買ってメンテ続ければ何年も履けそうな感じなので、私はこれを選ぶとき、どれにするか大変悩みました。オイルレザーでも良かったかな、、、と思うときもありますが、アタリがついて味が出てきたつま先あたりを見てると、経年変化が楽しみになります。ちょいちょいメンテしつつ、長く付き合っていきたいものです。

ねぎと帆立のパスタミスタ

中途半端に余ったマカロニ的なもの(ファルファーレ、ペンネとか、)があったので、パスタミスタを作ってみた。中途半端な量のフェットチーネも入れた。

レシピ

材料(2人分)

  • にんにく...一欠片くらい、輪切りに
  • 鷹の爪...半分くらい(香り付け用なので輪切りじゃなくても)
  • オリーブオイル...大さじ2~3くらい
  • 長ネギ...20cmくらい、1.5cm幅の輪切りに
  • 帆立の水煮缶...1缶。汁は適当に捨てる
  • パスタ...残り物を適当に180gくらい。大盛りにするなら200gくらいでも。
  • パセリ...なくてもいいが、あると色彩と味の変化があっていい
  • 胡椒...少々。粗挽きじゃない細かいやつ
  • パルメザンチーズ...お好みで。パルミジャーノ・レッジャーノならなお良い

作り方

パスタを茹でる

1Lくらいのお湯に小さじ1くらいの塩で茹でる。パスタは強火で茹でる必要はないので沸騰したら弱火にしてから放り込む。混ざってるので茹で時間は適当。硬すぎて食べられないやつが残らない程度に茹でる。

ソースを作る

フライパンにオリーブオイルを引く。にんにく、鷹の爪を置いて、オイルに香りが移るくらいまで中火で。オイルに香りが移ったらねぎを加える。少し焦げ目がつくまで炒めたら一旦火を止める。

パスタをソースに絡める

パスタが茹で上がったらソースのフライパンを再点火。オイルがふつふつしてきたらパスタの茹で汁をおたま一杯分フライパンへ。フライパンを揺すってオイルと茹で汁が馴染んできたら茹でていたパスタをすくってフライパンへ移す。ここで缶の汁を捨てた帆立を投入、パスタを炒めるような感じでソースと馴染ませる。味が物足りなければ胡椒、塩を加える。水気が減ってきたら完成。お好みでパルメザンチーズをかけて食べる。

不揃いなパスタの食感がなんか良い

食材を漁っていて中途半端な量のパスタがいくつか出てきたので、以前テレビで見たパスタミスタを作ろうと思った。調べたレシピはサルシッチャとズッキーニだったのだけど、どちらもなかったのでツナ缶と冷蔵庫の野菜でなんとかすることにした。これまた中途半端なネギを見つけて、ツナ缶を探していたら帆立の水煮缶を見つけたので、それを使うことにした。

残り物をかき集めて作ったわりに美味しかった。ふにゃふにゃになったマカロニと、まだちょっと固いファルファーレ、アルデンテなペンネ、と、食感が違うパスタが何種類かあるのが食べていてなんか面白い。

ネギは香味野菜じゃなく具にしたかったのでちょっと大きめに切った。焦げ目がつくくらいまで炒めたら甘みが出て、帆立の出汁と良い感じに馴染んだ。ネギもう少し多くてもよかったかも。

残り物で作れるレシピは重宝する

パスタミスタ自体は余り食材で作る家庭料理だと思うが、サルシッチャとかズッキーニは日本の家庭にフツーにはないので、日本の家庭に転がってそうなもので作れるレシピをネットに残しておいたら誰かの役にたつかもなと思って書き残してみた。ツナ缶を使うなら、ツナ缶の調味液はしっかり切って、だしの素とか鶏がらスープとかで味を整えるかも。胡椒はほんのちょっと加えると味がくっきりして、塩分を減らせる気がする。パスタミスタには折れたスパゲティとかも使うみたい。とにかく、何かを作った後で微妙に残ったマカロニをつかいきるのには凄く便利なレシピだと思う。

Nike Air More Moneyの靴底を修理した

スニーカーの靴底の修理

Nike エアモアマネーの靴底がすり減り、Airが露出していることに気づいて、ダメ元で靴の修理屋に相談してみた。

www.rooridge.com

「Airが露出するまで靴底が減ってしまうと、修理中にAirが破裂してしまう可能性がある」と教えてもらったが、このまま履き続けても早晩破裂してしまうのでダメ元で修理を依頼することにした。

仕上がり

破裂することなく無事修理完了。

今回の修理は約二千円。靴底のすり減り具合で値段は変わるかもしれない。アッパーはまだまだ綺麗だったのでまた履けるようになってよかった。

靴底のすり減ったスニーカー、これまでは捨ててしまっていたけど、修理して履き続けるのも良いですね。

Google re:Workを読む会に参加した

Google re:Workを読んでみるワークショップ

友人がGoogle re:Workの日本語訳を読むワークショップをやろう、と誘ってくれたので、会場提供などのお手伝いをさせてもらいました。

rework.withgoogle.com

Google re:Workは

データ分析を基に考えられた人事施策について、Google(グーグル)が他の組織と一緒に共有し推進しようとする取り組みです。

 というコンセプトの取り組みのよう。Googleが自身の研究成果をまとめてくれたものがこのページにあるので、今回は「効果的なチームとは何かを知る」というページを読みながら意見交換をしました。以下、当日出た感想などを書き連ねておきます。

メンバーの行動基準てないの?

マネージャーの10個の行動基準が紹介されていたことに対する疑問として出たもの。確かに、良いマネージャーにうまくマネージされるためのinterfaceをマネージされる側も持っておくというのは大事な気がする。

ワークグループとチームの違い

相互依存性の有無で「ワークグループ」と「チーム」という定義を分けているのが面白かった。相互依存性を作れればチームにできるのでは?と観点が出て、「joinしたメンバーをランチに連れまわすようにしている」という話が出た。なんとなく人を誘ってランチに行くのもいいけど、「チームになって欲しい人と相互依存性を作るための手段として一緒に飯を食う機会を作っているんだよ」っていう目的を念頭に置いてランチに行くと、ちょっと良い効果があるかも。

タックマンモデル

この文章に出てきた言葉ではないけど、意見交換の中で「タックマンモデル」というのを紹介してもらった。チームの形成は以下の5つの段階を経る、という話。

形成>>混乱>>統一>>機能>>散開

 機能するチームになるために、今チームがどの段階にあるのか、次に行くにはどうしたら良いのか、ということを考える上でとても役に立ちそう。言ってしまえば当たり前のことしか書いてないのだけど、これをチーム全員が知っていれば「お互いの価値観を知らないと混乱期にも行けないから統一もされない」とか「統一に向かわなきゃ機能しない、統一するためにはどうしたら良いんだろう」ということを考えることができるので、体系として知っているのと知らないのとでは全然違うなと思った。

心理的安全性の確保

ワークショップの中で出た「私はチームのことをすごく気にかけてたつもりなのだけど、上司から、君はチームに対する挨拶が足りなくて、チームとしてよくない、ということを言われた」というエピソードがすごく面白かった。

挨拶がチーム形成に大事、というのは、感覚的にはわかる。ただ、もし仮にチームとリーダーが本当に良い状態を築けていたとしても、上司一人が「挨拶がないことで心理的安全性が保たれていない」と感じたとしたら、上司にとっては心理的安全性が保たれていないチームであるということになってしまうということ。それって結局「何をどう感じるかはその人によりけり」ということになってしまう。

それに対して「チームが大切にすべき価値観をいくつか、毎週のふりかえりで確認すると良い」という話を伺った。「これが保たれていれば私の心理的安全性は保たれる」という価値観をみんなで確認するということ。もし仮に「毎朝の挨拶がないと疎外感を感じる」という人がいれば、「毎朝挨拶してほしい」というのをチームが大切にすべき価値観に加えれば良い、ということ。

チームとして何を重視するかはチームに集まった人によって変わってしまうから、チームみんなが気持ち良くいられるように話し合いをしよう、という、当たり前だけど気付きづらいことに気づけた気がした。

情報共有について

「メンバーに与える情報はできるだけ絞る」というのがよくある考え方なのだけど、そうすると情報格差が生まれて、それによってヒエラルキーができちゃう。なので最近はできるだけ情報をオープンにしようという会社が多いと思う。

ただ、「与える情報を絞る」という行為を「ありったけの情報全て与えると混乱するだろうから絞っとくね」というある種の好意とか効率性を考慮して行ってるケースがあるような気もする。別に情報格差によるヒエラルキーを作ることを目的としてなくて、単に過去のリーダーがそうしてたからそれが良いことだと思ってやってる、的な感じで。

実際にやるべきことは、「情報は可能な限りオープンにしておく、ただ、多すぎると必要な情報を掴むのが大変だと思うから、大事なところだけまとめて伝えるね」というキュレーションなんじゃない?という話が出ていて、興味深かった。「フィルター」するんじゃなくて「キュレーション」すれば良いのだ。メンバーからすれば「これだけ見ておいてくれれば良いよ」という情報の量は変わらないので特に混乱はしないけど、アクセス可能な情報は増える。

個人的には自分でフィルタリングできるからできる限り多くの情報をそのまま流して欲しいと思う。フィルターされてると感じた時にその意図を勘ぐったり、隠されてる事を暴くためにいらぬ情報収集に時間を費やしたりする必要が出てくるのでやましいことがないなら全部投げてくれよと思う。

雑感

お互いの期待値をコントロールするためにしっかり話し合いをするとか、状況を把握して共通認識を作っておくとか、無駄に考えなくて良いようにrequest-responseのプロトコルを揃えておこうぜ、とか、言ってしまえばそれだけなのに、なかなかそういう普通のことができてないので非効率とか悲劇が起こるのだなと改めて感じた。

こういうチームビルディングにかかる時間は直接的に何かを生産するわけではないから、人によっては無駄と捉えてしまうようなのだけど、何のためにやってるコミュニケーションなのかしっかりと定義しながらやっていけば理解も得やすくなるかもしれないなと思った。

このワークショップ自体も、「この言葉の定義は何なのだろう」とか、「ワークグループとチームをわざわざ定義してるということはこの違いは重要なんだろう」とか、一つ一つ丁寧に共通認識を作りながら読み進めていた。読み進められる量は少ないけど、得た物はとても多かったと思う。

mac book pro mid 2012にまだ頑張ってもらう

mac book pro mid 2012

エンジニアになった時に購入したマシン。もう6年落ちだけどまだ頑張ってます。

結構良いマシンだなと思ってます。

リンゴが光るのが良い

最近のmacはリンゴのバックライトなくなってしまったので残念です。それだけです。光るリンゴと大きな黒いシールの組み合わせ可愛いですよね。

キーボードが良い

最近のペチペチキーボードは軽く触れる感じで打鍵しないと底付きして気持ち悪いのです。あれで慣れた後、別のマシンで普通のキーボード打ってしまうと慣れるまですごく気持ち悪い。とはいえキーボード持ち歩くのもダルいと思ってしまう私にとってはmid 2012のキーボードは程よい打鍵感が好印象です。

自分で拡張できるのが良い

最近のMBPはメモリやドライブの増設ができないものばかりですが、mid 2012は割と拡張できます。

メモリは8G*2枚の16Gまで増やせますし、ストレージは、2.5インチのものを2個まで搭載できます。私のMBPは購入時点で光学ディスクドライブ外してHDD + SSDに換装してあり、mid2012のくせにメインドライブがSSDといういい感じの仕上がりでした。メモリは最初2G*2の4Gだったので、8G*2枚をamazonで購入して自分で刺しました。

ただ、裏蓋を外すときは星型のネジを回せるドライバーが必要なので、用意しておきましょう。あと、当然ですがmacの保証外になるので、一度開けたら最後まで自分で面倒見る覚悟で。

自分で修理できる

先日メインのSSDが逝きました。

私のmid 2012は中古でxxオクで購入したもので、購入時点から改造されておりました。よってgeniusの力を借りることはできなさそうなので、amazonでSSDをポチって自力で修理しました。

 

裏蓋開けて繋いでcmd + r でメニュー出して初期化してOSクリーンインストールしてはいOK

のはずだったのですが、どこかで何かやらかしたらしく、ドライブ1個しか認識してくれなくなってしまいました。。。

まあいいか。まだ使えるし、HDD外したから軽くなったし。

ちなみに

裏蓋開けれる仕様になってるmid 2012はxxオクとかでたまに格安で購入できます。私は4年前くらいに約七万円くらいで購入しました。

故障してもGeniusは助けてくれないと思うので、多少なりともPCいじりができる人でないと辛いと思いますが、外出時に使う適当なスペックのノートが適当な値段で欲しい人にとっては割とアリな選択肢かなと思います。

さいごに

復旧したのはいいのですが、バックアップを一切取っていなかったのでまっさらになってしまいました。。。いい機会なのでBrewfile作っていくようにしようかな