DDD ディストーション駆動開発

エレキギターと音楽とRubyを愛するフルテンエンジニアのblog

B & O BeoPlay A1 BeoPlayアプリ、実はできる子。BANG & OLUFSEN Bluetoothスピーカー

ほんとは素敵なBeoPlayアプリ

BeoPlay専用のアプリがあったので落として使ってみました。

一見、なんにもできないアプリに見えるのですが、、、

トップがMY PRODUCTS(複数形!)で、

ハンバーガーメニューと歯車アイコンと+アイコンが見えます。

ハンバーガーメニュー押して出てくるのが「My Products」(トップ画面)

と「Shop products」(オンラインストアのリンク)と「About」(アプリのバージョンとか)となっております。

歯車アイコンは、自分の持ってるBeoPlayの色とか名前とかを設定できるほか、サポートへのリンクがあります。

こ、これだけ、、、?

一番大切な機能は+アイコンに

最後の希望を+アイコンに託して、押してみますと、近くにあるBeoPlayとの接続を試みます。え、接続するだけなん。。。?

接続すると、リモコン的な画面になります。

スピーカーアイコンはペアリングしたいBeoPlayがあればできるようですが、一台しかもってないのでスルー

左下にある指輪マークみたいなアイコンを押した時、このアプリの真の価値を知ることに。

 

おー、イコライザーが出てきた。グライコのように詳細に設定できるわけではないですが、自分はHzで表示されてもうまく調整できないので、これくらいのほうがありがたいです。

中心の白丸を動かして調整します。

左下のグライコみたいなアイコンを押すと、プリセットが出てきます。

lounge / party / podcast とは、なんだか不思議な並びですね。

podcastは音楽というより声を聞くためのイコライジングですかね。BeoPlay A1 は通話できたり、電話会議にも使えるらしいので、そういった時に使いやすいのかも。

結論:機能は素敵だけど、このUIはどうなんだろうか

感覚的にはハンバーガーメニューから全ての機能にアクセスできるのが一般的なように思います。まあペアリングしてない時には出しても仕方ないものは+アイコンの奥にしまってある、という感じなのかなあ。最初はオンラインストア表示するだけのビミョーアプリかと思っちゃいました。

関連記事

BeoPlay A1のレビュー

BeoPlay A1 は今年のベストバイ。モノラルでこの大きさのくせに音の広がりがとても素敵。もう一個買ってステレオにしてみたい。。。

www.hizumizm.com

BeoPlay A1 半年使ってみた感想

非常に満足しています。が。。。

www.hizumizm.com