DDD ディストーション駆動開発

エレキギターと音楽とRubyを愛するフルテンエンジニアのblog

Scrum Masters Nightに参加した

第16回 Scrum Masters Night!

smn.connpass.com

スクラム開発の悩みを解決したくて、スクラムマスターの集うScrum Masters Nightに参加してみました。

参加者は運営側の人含め40〜50人くらいの人数だったと思います。

集まったところで、話したいテーマをみんなで出し合って、その後全員の投票で6テーマに絞りました。

興味のあるテーマに参加

テーマは、スクラムの生産性の測り方や、チームのモチベーションの維持方法といったスクラム運営に関するテーマから、ペアプロどうですか?といったスクラム開発のエッセンスに関するものまで色々ありました。全てのディスカッションは二本足の掟のもと、自由に移動して良いことになっています。

二本足の掟というのは、「参加者はその会に貢献するか、学習するかを選び、どちらもできない場合は二本の足を使ってその場を立ち去る」というルールだそうです。

海外の人は命名センスがいいですね。

www.lifehacker.jp

ペアプロどうですか?

各ディスカッションのテーブルには、ファシリテーターが一人づつ付き、それぞれのディスカッションは6〜10人くらいの参加者がいました。

私は「ペアプロどうですか?」というディスカッションに参加しました。

ペアプロやってます?

参加者8人のうち、実際に取り入れているのは2人でした。意外とやらないのですね。

かくいう私も、意図的に取り入れたことはないです。WIPで出してもらったプルリクにコメントつけてたら、「直接話しながら進めたほうが早いね」となってそのまま一緒に作り始めて「あ、これペアプロだわ」と思った経験が何度かあるくらいです。

いつやる?

ペアプロ、というと「一緒に実装を進める」イメージが強いですが、もう少し手前、詳細設計やもう少し大きめな設計から一緒にやるケースもあるみたいですね。

どんなペア?

知識の伝達を兼ねて、熟練者+新入り、というペアで組むケースが多いみたいですね。

スクラムって、同じくらいの能力の人でチームを組むのが前提だと思っていたので、本当のペアプロはどういう目的でやるのか、気になりました。

複数人で一つのコードを見ることで、「こういう処理はこうやって書こう」という共通認識を作ることはできそうですね。車輪の再発明を防いだり、属人性を排除していくのに効果がありそうです。

変わり種ペアプロ

ちょっと面白いペアプロの例として、「ピンポンプログラミング」というのを紹介してもらいました。一人が、テストを書き、もう一人がプロダクションコードを書く、というのを繰り返していくのだそうです。

ゲーム的で、面白そうですね。テスト書くのが苦手な人にテストの勘所を伝授するのにも良さそうです。

デメリット

なんといっても疲れる。というところのようです。確かに一人で作るときより疲れますね。

フレームワークの話

ペアプロの話ではないですが、大規模スクラム用のフレームワークがある、ということを初めて知りました。

今回私は「どんな案件をスクラムで進めるのか」ということに興味があったのですが、

どんな案件でも適用できるし、開発チーム全体を統括するようなフレームワークがあることを初めて知りました。これはぜひ活用してみたいです。

  • LeSS Large Scale Scrum(8チーム、ひとチーム8人)
  • LeSS Huge(数千人まで)
  • SAFe Scalled Agille Framework(こちらも千人規模)

まとめ

他社の開発の進め方を聞ける機会ってなかなかないので、貴重なミートアップでした。

ディスカッションは、軸となるテーマはありつつも、脱線していくのも、テーマ外れるのも自由、という感じでした。いい感じに発散したおかげで、かなり興味深いことを知ることができました。 

今後意識的にペアプロの機会を増やそうと決めましたし、大規模スクラムフレームワークも取り入れていければいいなーと思います。

 

Message In A Bottle -The Policeのレッスン動画 うっかりコーラスが欲しくなるけど

Stingも帰っちゃったことだし、The Policeでも弾いてみようか

つい先日、武道館でStingの来日コンサートを楽しみました。

「もういい歳だし、もしかして声出ないんじゃいだろうか」なんて心配しながら観に行きましたが、いらぬ心配でした。鍛えらた軍人のような逆三角形の体から発せられる声は、還暦過ぎたおじいちゃんとは思えない、パワーに満ち溢れていました。

セットリストもベスト盤さながらの内容で、好きな曲全て聞けて大満足でした。

スティング @日本武道館2017.06.07 洋楽ライブレポート|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

ところで、ライブ行くとギター弾きたくなりますよね。

そんなわけでYouTubeでレッスン動画を漁って楽しんでます。

Message In A Bottle

楽器屋さんの宣伝動画ですが、指のポジション教えてくれるし、ゆっくり弾いたバージョンも付いてたりといたれりつくせりです。


The Police - Message In A Bottle Guitar Lesson

難点はこのコーラスが欲しくなっちゃうことですね。。。いい音してますね。

 

アンディ・サマーズはコーラス使ってないの?

The Police アンディ・サマーズと言えばコーラスのイメージなんですが、当人はコーラス使ってるわけではなく、フランジャーをコーラスっぽくかけてるらしいです。Electro-Harmonixの Delux Electric MistressでAndy Summersの音を再現しようとしている動画は確かに結構出て来ます。

www.youtube.com

 コーラスとフランジャーはどちらも同じ原理、と聞いたことはありますが、ゆるーくフランジャーかけるとこんなに綺麗なコーラスになるんですね。

もちろんモノによるんでしょうけど。

www.youtube.com

 

 フランジャー、飛び道具的な使い道しかないと思ってましたが、意外と使える子ですね。

 

関連記事

安いけど使ってみると楽しいDonner Tutti Love

www.hizumizm.com

エフェクターなど、ギター関連グッズ記事まとめ

www.hizumizm.com

DigiTech RP360 一周回ってマルチエフェクターにもどってきた話

DigiTech RP360

数年ぶりくらいにギターを手にとったとき、練習用のKORGのPandora Stompを買いました。小さいくせに色々できるやつでなかなか気に入ってたんですが、小さいゆえに操作性があまりよくなかったため、別のマルチに変えることにしました。

本家ワーミーが楽しめるのはDigiTechだけ!

目をつけたのはDigiTechのRPシリーズ。本家のワーミーモデリングを触ってみたい、というだけの理由でDigiTechに絞って検討し、ペダルは外付けで好きなものを選びたかったので、RP360に白羽の矢が立ちました。結果的には非常に良い選択でした。

PC接続で快適なパッチ編集 Nexus Librarian

PCにNexus Librarianというソフトをインストールすると、PCでパッチ編集が可能になります。このソフトかなり快適です

こんな画面です。見たことある何か的なものがたくさん並んでいて、見ているだけでニヤニヤしてしまいます。

f:id:iTume:20170212083508p:plain

TubeScreamer的な何かの右肩に乗っかっている小さなアイコンは、プリアンプをどこに挟むか、を表しています。エフェクトかける順番の指定だけでなく、「空間系はsend/returnの間に」というエフェクトの掛け方ができるわけです。

あと、画面に表示されてるツマミは全てぐるぐる回せます。

f:id:iTume:20170212082958p:plain

f:id:iTume:20170212083845p:plain

モデリングされてるエフェクターは本物と同じコントロールツマミがついてる感じになってます。昔使ってたマルチはどのエフェクトのモデリングでもおんなじツマミしかなかったですよ。。。進化してますね

真空管に憧れ、そして、、、

久しぶりのスタジオで鳴らしたマーシャルのアツい音に真空管アンプの音に惹かれてBlackStar HT-Dualを購入。真空管の音はなぜか心をアツくしてくれます。

www.hizumizm.com

BlackStar、結構気に入って使ってたんですが、家練でイヤホン刺すためにamPlug刺して使うことにダルさを感じ、それならphone outとaux inのあるALBIT A3GPみたいなチューブプリに買い換えようと思い、手放しちゃいました。

それ以降しばらくはRP360の存在忘れてイヤホン←amPlug←アンプライクエフェクターという感じで運用してましたが、手持ちのエフェクターで作れない音が作りたくなって久々にRP360使ってみたら、ハマっちゃいました。

実物を見たことすらないようなアンプやエフェクターを使っているかのような感覚はやっぱり楽しいです。あと音が綺麗ですね。

RP360になくてBlackStarにない「アツさ」って、この音の綺麗さに関係してるんじゃないかと思うのです。デジタルゆえのゆらぎのなさ、ノイズのなさ故に音が綺麗、悪く言えばのっぺりしてるように感じたのかな、と。

 

しかし、そもそもアンプにつながずにイヤホン刺して使う使い方では真の力は発揮で来ないでしょうし、それであーだこーだ言われてはRP360も浮かばれないですね。。。アンプ鳴らして練習したいなあ。。。

DIGITECH RP360 ギターマルチエフェクター
デジテック
売り上げランキング: 28,734

関連記事

ギター関連グッズのまとめ記事

www.hizumizm.com

 歪み系エフェクターのまとめ記事

www.hizumizm.com

ギターメンテの正しい方法をプロが教えてくれる動画 Fender University

細部に神は宿ります。簡単だからこそ光るプロの技

Fender Universityと題された動画、メンテや改造の手順をプロが丁寧に解説してくれます。

別に難しいことではないですが、節々にプロならではの技が光ります。

ピックガード、ピックアップカバー、ノブの交換

www.youtube.com

巧みなクロス使い

0:38秒あたりでトーンノブを外し始めます。知ってる人は知ってますが、クロス使ってこうやって外すと楽です。これ知る前は、マイナスドライバーでこじって取ったことあります。ギターを傷つけるだけの無駄な努力でした。。。

その後1:00あたりで、ピックガードを持ち上げた後、さっ、とクロスをギターに敷いてます。ピックアップもとりやすくなりますし、うっかりギターを傷つけずにすみます。さらにはクロスのうえにパーツが置けるので、作業もしやすそう。なるほど。。。

弦の交換

www.youtube.com

弦の交換なんて簡単、、、と思いますが、改めて解説見てみるのもよいですよ。 いろんなポイントが詰まってます。

真ん中でまとめて切ると楽

動画の0:50あたり、弦を真ん中あたりでまとめて切って、そのままつかんで丸めてポイしてます。いつもペグ付近で切ってたので、一本一本ブリッジから抜いてたので、これは楽だな。

ペグ二つ分先で切るべし

2:40あたりから、ペグに弦を巻くところに入ります。ペグに弦を巻きすぎるのもよくないのでペグ2つ分先で切って巻くのがよい、とのことです。

弦の先はペグポストの中へ

↑はロック式ペグでしたが、4:00あたりからフツーのペグへの巻き方を解説してくれています。ポストの真ん中に穴が空いてないペグしか使った事ない人は、この、ポストの穴の使い方わかんないですよね。

関連記事

ムスタングの調整 

ちゃんとしたメーカーのギターなら、しっかりメンテすればチューニングが狂って使い物にならない、ということはないと思うのです。ムスタングであっても。

www.hizumizm.com

Donner Tutti Love Chorus 小さくて楽しい、しかも異常に安い

Donner Tutti Love Chorus

単品のChorusが欲しくて色々物色しており、遂に購入してしまいました。

Suhr Riotのコピー、morpherが有名なDonnerのコーラスです。

決め手は価格です

Boss, one controll, エレハモ, tc-electronicsといろんなコーラスを物色していたのですがどれも自分の中で決め手に欠けて絞り込めず。最終的には価格が決め手となりました。

Amazonで約3000円。中古のBoss CE-3よりも安い。。。

この値段なら、試してみて、ダメなら手放せばいいか、というお値段ですね。びっくりするくらい安いんですが、TrueBypassで、当たり前ですが音もちゃんとChorusしてくれます


DONNER - Tutti Love (Chorus)

感想:充分満足

効きはそこそこ

エグいほど効いたり、特徴的な効き方をすることもないのですが、フツーに楽しいChorus効果が得られる印象です。

ツマミをフルテン状態にしても「どこで使うんだこの音。。。」というような音にならないので、「とにかくコーラスの、あの感じがあればOK」という初心者向けなのかも。

効き方のイメージですが、

こんな感じ↓の設定でSmells Like Teen Spiritを弾いて遊んでました。

左側はVOX Amplug Bassに直結です。結構いい感じ。

ツマミがLevel/Rate/Depthだけなので、迷わず遊べますね

見ての通りMooer Black Secret と同サイズです。ただTutti Loveの方が圧倒的に重いです。

当たり外れあるのかも

amazonのレビュー見た感じ、品質にばらつきがあるのかな?という感じがしました。交換してくれるなら別にいいですよね。

あと、音痩せが気になる人がいるようです。まだ家練でしか使ってないので、バンドで合わせた時にどうなるかはわかりませんが、今の所気にはならないです。

総評

こだわりの強い人にはむかなさそうですね。ただこの値段で売ってるものに色々求めすぎるのは酷なんじゃないでしょうか。

Tutti Loveで単体コーラスデビューして、「もう少しこういう効き方してほしい!」ってのが見つかったらそういうやつを探しに行く、って感じで買ってみて、損はしないと思います。

Donner Tutti Loveコーラス ギター エフェクター
Donner
売り上げランキング: 6,679

 

関連記事 

エフェクターやギター関連グッズの記事まとめ

www.hizumizm.com

とても便利なmooer Black Secretの紹介

www.hizumizm.com

歪みエフェクターの記事まとめ

www.hizumizm.com

ムスタングにP90を載せたくてP-RailsでTripleShotしてみた Fender Mustang Seymour Duncan P-Rails SHPR-2b

Seymour Duncan SHPR-2b(P-Rails HOT) + TripleShot

リアのDimarzio ToneZoneがたまに音出ない状態だったので、思い切ってピックアップ交換しちゃいました。

P90が気になって

P90載せてるFender Modern Player Mustang、結構いいな、と思っていたのです。

www.hizumizm.com

ToneZoneの後釜ということで、ハムサイズつけられる状態になってるので、ここはP-Railsしかないなと。

P-Rails、といっても色々ある

P-Railsってそういう型番だと思ってたんですけど、色々あるんですね。。。

SHPR-1b / SHPR-1n / TBPR-1b / TBPR-1n / SHPR-2b / SHPR-2n

b/nはブリッジ側か、ネック側か、TBPRはトレムバッカー、つまり弦間ピッチが広いフェンダー系ギター用、1がP-Rails、2が高出力なP-Rails HOT というラインナップ。

P-Rails選ぶならTripleShotが楽しい

P-Rails検討のために動画漁っていたら、ミニスイッチついたエスカッション使ってる人がいることに気づきました。調べてみたらSeymour DuncanのTripleShotという商品でした。これですね。

www.youtube.com

スイッチ増設しなくてもシングル/P90/ハム(パラレル)/ハム(シリーズ)を切り替えられるようにできるので、P-Railsつけるならこれおすすめです。

このようになりました。ムスタングのスイッチも活かしているのでフェイズアウト音も出ます。(使うかどうかは別として、、)

ちなみにSHPR-2bを選んだ為、ポールピース位置が弦の真上に来ていませんが、大丈夫なんじゃないかなと思っています。

ただ、かなり小さなスイッチなので、演奏中に切り替えるのは難しいと思います。

あと今のところ国内正規代理店からは入手できないらしく、SoundHouseなどで購入するほかないみたいです。Amazonではなかなかのお値段、、、

 

 

P-Railsは意外と高出力

トーンチャートESP | Seymour Duncan | Pickups | Tone Chartで抵抗値みる限り、HOTもそうでないのも結構な高出力PUのようですね。これより抵抗値高いの探すとDuncan DistortionかInvaderかという数値。なんか意外ですね。

ToneZoneの抵抗値が17.31kΩらしいので、抵抗値だけで比較するとP-Railsの方が高出力っぽく見えます。実際P-Rails HOT弾いてみると結構歪みます。

HOTとHOTじゃないものを聞き比べてみると、HOTはさらに高出力なのがわかります。

こちらがHOT

www.youtube.com

こちらHOTでない方

www.youtube.com

感想

今回はイケベさんのWSRに持ち込んで取り付けていただきました。

大変調子良く遊べるようになり、大満足です!

www.ikebe-gakki-pb.com

hotはかなりhot

HOTは思った以上にハイパワーでした。

フロントがノーマルのムスタングピックアップなので、フロントとリアで別のギターみたいな感覚です。まあHOTじゃないP-Railsにしてもそれは変わらないのかもしれません。

ハム/P90/シングルどれに切り替えても同じく、元気すぎるなという感覚です。想像していたP90の感覚とはちょっと違うかなという気はしました。

関連記事

ムスタングについて

www.hizumizm.com

ムスタング改造まとめ

www.hizumizm.com

P90搭載のFender Modern Player Mustang

www.hizumizm.com

RubyのStructの使いどころ [オブジェクト指向設計実践ガイド ~Rubyでわかる 進化しつづける柔軟なアプリケーションの育て方] 2章

オブジェクト指向設計実践ガイド 2章

オブジェクト指向設計実践ガイド ~Rubyでわかる 進化しつづける柔軟なアプリケーションの育て方 を読み始めました。

2章では「単一責任のクラスを設計する」です。

クラスに対して質問してみる

クラスの持つメソッドを質問に言い換えたときに意味をなさない場合は、何か変なものを含んでいる可能性がある。

例に挙がっているGearとWheelの例は確かに狂ってるな、と思いますが、それがUserとPost、とかだと、意外とやってしまいがちかも。

一文でクラスを説明してみる

単一責任に保てているかを確かめるために、クラスの説明を書いてみて、○○とxxをする、、、となったらアウト。というよく言われる奴ですね。

Structの使いどころ 〜データ構造を隠蔽したいとき

2章読んで一番気になったのはここ。

StructにするかHashにしちゃうかで迷うことが多かったのですが、データ構造を隠蔽するためにStructを使う、という考え方、いいですね。

構造を持ってるならStruct

例のようにArrayが単なるArrayではなく構造を持ってしまっている時ってありますよね。Arrayの中身の順番に依存している場合はもはやArrayじゃないからStructにしよう。

Hashとの使い分けは「柔軟性を持たせたいのかどうか」

keyが動的に増えるようなものはHashで扱うほかない。それ以外はStructで構造を固めておく、という方針が良さそうだなと思いました。

Hashって使いやすいのでホイホイ使ってしまいますが、改めて考えてみると構造が柔軟すぎる故にコードの難読化を招いてるケースを結構みたことがあります。(今このHashってこのkey持っているんだっけ?次のメソッド行った後にkey,valueセットでぶちこまれるんだっけ?)

構造が決まってるなら最初に明示しておいてくれた方が安心して読み進められます。