DDD ディストーション駆動開発

エレキギターと音楽とRubyを愛するフルテンエンジニアのblog

ネック、というか指板の材質でギターの音は変わるのか?

指板の材質でギターの音は変わるのか?

この動画、フェンダーメキシコのローズウッドネックとメイプルネックをわざわざ同じテレキャスのボディにつけて音の比較をしてくれています。これは説得力あります。


Rosewood vs Maple - Guitar Tone Comparison!

 

変わるんですね、、、素人の耳でも明らかに違うキャラクターの音に聞こえます。。。

メイプルはフレット交換時に塗装が必要で高くつくな、、、でも日頃のお手入れは楽だな、、、という程度にしか違いを認識してなかったので驚きです。

 

音変えたいならアンプやピックアップ変える方が手っ取り早いですが、少しニュアンスを変えたい、ひとさじの隠し味が欲しい、というときにはアリなのかもしれないですね。

 

うちのムスタングはメイプル指板です。ローズウッドだったらもっと鋭い音になってたのかもですね。どちらがいいかは好みの問題ですけど、ローズウッドのほうがよりムスタングっぽい気がします。Charさんもカートもローズウッドですし。でも好きです。メイプル。

 

ボディ材による違いはもっとすごい

紹介した動画の続編があったので紹介してみました。材が違えば音が変わると、知識としては知ってますが、改めて聴き比べてみると衝撃を受けますよ。

www.hizumizm.com

ムスタングについてはこちらのエントリーで詳しく紹介しています

itume.hateblo.jp