DDD ディストーション駆動開発

ギターと音楽とRubyを愛するエンジニアのblog

mac book pro mid 2012にまだ頑張ってもらう

mac book pro mid 2012

エンジニアになった時に購入したマシン。もう6年落ちだけどまだ頑張ってます。

結構良いマシンだなと思ってます。

リンゴが光るのが良い

最近のmacはリンゴのバックライトなくなってしまったので残念です。それだけです。光るリンゴと大きな黒いシールの組み合わせ可愛いですよね。

キーボードが良い

最近のペチペチキーボードは軽く触れる感じで打鍵しないと底付きして気持ち悪いのです。あれで慣れた後、別のマシンで普通のキーボード打ってしまうと慣れるまですごく気持ち悪い。とはいえキーボード持ち歩くのもダルいと思ってしまう私にとってはmid 2012のキーボードは程よい打鍵感が好印象です。

自分で拡張できるのが良い

最近のMBPはメモリやドライブの増設ができないものばかりですが、mid 2012は割と拡張できます。

メモリは8G*2枚の16Gまで増やせますし、ストレージは、2.5インチのものを2個まで搭載できます。私のMBPは購入時点で光学ディスクドライブ外してHDD + SSDに換装してあり、mid2012のくせにメインドライブがSSDといういい感じの仕上がりでした。メモリは最初2G*2の4Gだったので、8G*2枚をamazonで購入して自分で刺しました。

ただ、裏蓋を外すときは星型のネジを回せるドライバーが必要なので、用意しておきましょう。あと、当然ですがmacの保証外になるので、一度開けたら最後まで自分で面倒見る覚悟で。

自分で修理できる

先日メインのSSDが逝きました。

私のmid 2012は中古でxxオクで購入したもので、購入時点から改造されておりました。よってgeniusの力を借りることはできなさそうなので、amazonでSSDをポチって自力で修理しました。

 

裏蓋開けて繋いでcmd + r でメニュー出して初期化してOSクリーンインストールしてはいOK

のはずだったのですが、どこかで何かやらかしたらしく、ドライブ1個しか認識してくれなくなってしまいました。。。

まあいいか。まだ使えるし、HDD外したから軽くなったし。

ちなみに

裏蓋開けれる仕様になってるmid 2012はxxオクとかでたまに格安で購入できます。私は4年前くらいに約七万円くらいで購入しました。

故障してもGeniusは助けてくれないと思うので、多少なりともPCいじりができる人でないと辛いと思いますが、外出時に使う適当なスペックのノートが適当な値段で欲しい人にとっては割とアリな選択肢かなと思います。

さいごに

復旧したのはいいのですが、バックアップを一切取っていなかったのでまっさらになってしまいました。。。いい機会なのでBrewfile作っていくようにしようかな