DDD ディストーション駆動開発

エレキギターと音楽とRubyを愛するフルテンエンジニアのblog

ムスタングにP90を載せたくてP-RailsでTripleShotしてみた Fender Mustang Seymour Duncan P-Rails SHPR-2b

Seymour Duncan SHPR-2b(P-Rails HOT) + TripleShot

リアのDimarzio ToneZoneがたまに音出ない状態だったので、思い切ってピックアップ交換しちゃいました。

P90が気になって

P90載せてるFender Modern Player Mustang、結構いいな、と思っていたのです。

www.hizumizm.com

ToneZoneの後釜ということで、ハムサイズつけられる状態になってるので、ここはP-Railsしかないなと。

P-Rails、といっても色々ある

P-Railsってそういう型番だと思ってたんですけど、色々あるんですね。。。

SHPR-1b / SHPR-1n / TBPR-1b / TBPR-1n / SHPR-2b / SHPR-2n

b/nはブリッジ側か、ネック側か、TBPRはトレムバッカー、つまり弦間ピッチが広いフェンダー系ギター用、1がP-Rails、2が高出力なP-Rails HOT というラインナップ。

P-Rails選ぶならTripleShotが楽しい

P-Rails検討のために動画漁っていたら、ミニスイッチついたエスカッション使ってる人がいることに気づきました。調べてみたらSeymour DuncanのTripleShotという商品でした。これですね。

www.youtube.com

スイッチ増設しなくてもシングル/P90/ハム(パラレル)/ハム(シリーズ)を切り替えられるようにできるので、P-Railsつけるならこれおすすめです。

このようになりました。ムスタングのスイッチも活かしているのでフェイズアウト音も出ます。(使うかどうかは別として、、)

ちなみにSHPR-2bを選んだ為、ポールピース位置が弦の真上に来ていませんが、大丈夫なんじゃないかなと思っています。

ただ、かなり小さなスイッチなので、演奏中に切り替えるのは難しいと思います。

あと今のところ国内正規代理店からは入手できないらしく、SoundHouseなどで購入するほかないみたいです。Amazonではなかなかのお値段、、、

 

 

P-Railsは意外と高出力

トーンチャートESP | Seymour Duncan | Pickups | Tone Chartで抵抗値みる限り、HOTもそうでないのも結構な高出力PUのようですね。これより抵抗値高いの探すとDuncan DistortionかInvaderかという数値。なんか意外ですね。

ToneZoneの抵抗値が17.31kΩらしいので、抵抗値だけで比較するとP-Railsの方が高出力っぽく見えます。実際P-Rails HOT弾いてみると結構歪みます。

HOTとHOTじゃないものを聞き比べてみると、HOTはさらに高出力なのがわかります。

こちらがHOT

www.youtube.com

こちらHOTでない方

www.youtube.com

感想

今回はイケベさんのWSRに持ち込んで取り付けていただきました。

大変調子良く遊べるようになり、大満足です!

www.ikebe-gakki-pb.com

hotはかなりhot

HOTは思った以上にハイパワーでした。

フロントがノーマルのムスタングピックアップなので、フロントとリアで別のギターみたいな感覚です。まあHOTじゃないP-Railsにしてもそれは変わらないのかもしれません。

ハム/P90/シングルどれに切り替えても同じく、元気すぎるなという感覚です。想像していたP90の感覚とはちょっと違うかなという気はしました。

関連記事

ムスタングについて

www.hizumizm.com

ムスタング改造まとめ

www.hizumizm.com

P90搭載のFender Modern Player Mustang

www.hizumizm.com